振り向けばヨコハマ 三番館

振り返れば奴がいる。 ビックレッドマシンも燃やし尽くす蒼き星。-横浜DeNAべイスターズを応援しています-

筒香嘉智「高校野球で終わりじゃない」についての雑感 -損得勘定や結果ありきよりも徳目を重視してこその学生スポーツ-

f:id:ktake0606:20180205094113j:plain 

www.kanaloco.jp

 ベイスターズ、そして日本の主砲、球界のトップスターとなった男が今、熱心に取り組むのが、アマチュア野球界の改革に向けた提言だ。

 高校野球の魅力は何ですか-。連載「K100」を通じて取材対象全員に尋ねている共通質問に、筒香は「ないですね」と即答した。

 「高校野球のシステムを変えないと日本の野球界はよくならない。マスコミが主催することもそうですし、野球界だけですからね。こんなにぐちゃぐちゃしているのは」


 筒香が「ぐちゃぐちゃ」と指摘するのは、いまだに残るプロとアマの垣根に象徴される日本球界のシステムそのものだ。

 

続きは会員登録

http://www.kanaloco.jp/article/308124

 

  

関連記事 ——

ktake0606.hateblo.jp

高校野球に問題あり ———
大相撲同様に...
日本のこころが破壊され続けている。欧米の論理、価値観に破壊され続けている。それは、今まででは考えられないスピードで破壊され続けている。前述の『勝利至上主義』とは、「スポーツ」の価値観であり、結果こそ最高の価値であるとするもの。

高校野球は学生スポーツ
もちろんプロなら最低限理解もするが、子どもたちや学生スポーツを『勝利至上主義』で判断するなら、やはり間違えている。筒香同様に自分もそう理解している。高校野球とは学生スポーツなのだから、『勝利至上主義』ではいけない。勝ち負け以前に、教育の一環であってこそで、それは、「結果」より「過程」を重視する事でもある。

つまり「道」の事である
「道」とは神道、または武士道の徳目を重視してこそで、勝つためには手段を選ばないと言った、勝利至上主義など、日本的ではない価値観である。某カヌー選手の禁止薬物混入で問題となったが、欧米の論理、価値観で判断するなら行為自体の悪質さ度合いほど、重要なことでもなく問題とならないようだ。が、武士道由来の価値観なら、二言をしてまで人を裏切り、卑怯をしてまで勝とうとする行為とは、ハラキリとなる。

 

高校野球は学生スポーツ 

損得勘定より、徳目こそ

損得勘定と言った、結果ありきを学生スポーツで通用させるべきでは無い。

高野連および、いわゆるリベラルメディア、またはスポーツメディアは、学生スポーツであると言う大前提を2018年に至るまで蔑ろにし続けてしまっている。

これは、たとえ野球好きであったとしても、高校野球とマスメディアといった存在の矛盾を誤魔化すことなく受け入れていくしかない。

 

口だけの綺麗ごとが大好き

存在を幾ら正当化したとしても、他学生スポーツに携わる者やファンからすると、なんとも残念な気持ちにしかならないのではないのか。

そして、その行為自体、いわゆるリベラルメディアが大好きな「平等」からはかけ離れていると、他学生スポーツファンやアスリートから投げかけられるだろうが、近視眼的な野球愛しかない者に、いくら言っても通じないのかも知れない。

リーグを代表するスラッガーやエースが言及しても通じないのかも知れない。

やりたいが、もうできない 東海大相模・菅野智之(下)|カナロコ|神奈川新聞ニュース

 ただ号泣する仲間の横で、東海大相模の菅野智之(28)は、「一ミリも泣かなかった」。胸中の大半を占めたのは、安堵(あんど)の思いだった。

 「これで明日から、練習しなくてすむんだ」

 2007年7月29日、神奈川大会決勝。30年ぶりとなる夏制覇を目前としていた。桐光学園との一戦は、神奈川の球史に残るシーソーゲームとなった。

 東海大相模は2年生の大田泰示(現日本ハム)が先制2ランを放つと、逆転された三回裏にすぐさま再逆転。六回には2点を加え、8-5とリードした。

 だがその六回のワンプレーが流れを変えた。田中広輔(現広島)が、中越えの当たりで一気に本塁へ。やや遅れて突っ込んだ田中のスパイクが、桐光の捕手・奥野智也の太ももに突き刺さった。

 ユニホームが破れ、流血する。これに燃え上がった桐光は直後の七回に3点を追いつく。九回には負傷退場の2年生捕手に代わった3年の山野周が決勝打を放ち、10-8のドラマを完成させた。

 結局、菅野は169球で投げ抜き、13安打を許し、10点を失った。

 あの夏から、10年あまり。「こんなこと言うと怒られるけど」と前置きして、当時の心境をこう吐露した。

 「正直、早く終わってほしいと思っていた。こんなに苦しいのは、早く終わってくれと。死ぬと思いましたもん。それくらい追い詰められていた。涙なんか出てこない。あのクロスプレーで治療やっている時も、もうどうでもいいから早くしてくれよって、それだけ考えていました」

 準々決勝以降、ほぼ1人でマウンドを守った。前日の準決勝も168球を投げていた。

 「無理っすよ。投げられない。あんなに。球数もそうだし、ほとんど僕しか投げていない。神奈川の夏は最低2人いないとだめだし、選手生命をつぶすことになる。最近の甲子園で相模が優勝した時も、エース級が2人いた。やっぱりそうやっていかないと」

マスメディアとスポーツ

何時の時代も若者が犠牲に

いつの時代も、いわゆるリベラルメディアは見て見ぬふりをし、そして高野連は高校球児に厳しく、犠牲になるのは未来ある若者となってしまう。

プロ野球にしても、それこそ、学生スポーツで言うなら大学駅伝にせよ、メディアとスポーツの関わり合い方、そして、これらのモノとの我々の付き合い方を考え直さなければならない時期に来ているのかも知れない。

 

都合のいいコンテンツ

スポーツとは、メディアが大衆に訴求するには都合のいいコンテンツと言える。

ただ、これもプロならば理解するが、学生に対しマスメディアが好む視聴率、売り上げ、または部数と言った「結果至上の価値観」を求め、その為に学生アスリートの尻を叩くのは酷だし、間違っている。

需給や結果ありきを、本気で高校球児に求める続けるのなら、高野連ならびにいわゆるリベラルスポーツメディアは偽善、欺瞞であることを示している。

 

安定のダブルスタンダード

そもそも、他学生スポーツと比べ野球は特に恵まれていて、平等不平等と言った問題も、すべてマスメディアが蒔いた種であり、それこそ、高校球児とは無関係でもある。

本来なら、つまらない雑音など聞かせるべきでもないし、彼らが野球に打ち込める環境を作ることこそが大事で、世間の風評を読んでからの賞罰や、リベラルメディア自体が苦しむ球児を無視し続けて現在に至っている。

 

精神論を振りかざし自由を奪う

その在りようは、戦前戦中と同様に見える。

外からの情報を全て排除する事により判断する自由を奪い、また一方では精神論のみで戦地に青年を送り込むために、苦しむ子供や婦女子を無視し続ける様そのものと言えないか。

戦後もマスメディアは、戦前戦中と同じこと繰り返す。

何ひとつ反省もせず、合理的に考えてこそのスポーツに精神論を振りかざし、子供たちの精神性を無視することにも、何一つ疑問に持たないらしい...

 

「痛みに耐えてよくがんばった!感動した!」

「痛みに耐えてよくがんばった!感動した!」は多くの人に今でも知られている某元首相の言葉で、怪我を抱えながらも優勝した貴乃花関への言葉である。そして、某元首相の「自己責任!」も現在、いや恐らくこれからも我々を苦しめ続ける言葉になると言える。

安樂智大の772球。繰り返される精神論

sportiva.shueisha.co.jp

 歴代最多の甲子園63勝を挙げている智弁和歌山の高嶋仁監督に、こんな質問をしたことがある。「今まで一番後悔していることは何ですか?」と。すると高嶋監督は間髪入れず、こう答えた。

「高塚をつぶしたことやな」

 高塚とは、1996年のセンバツで準優勝したときの2年生エース・高塚信幸(元近鉄)のことだ。初戦と準々決勝で完封するなど、140キロ台の速球を武器に準決勝までの4試合をすべて完投。チームを決勝に導く原動力となった。だが、高塚はこの大会の連投で肩を痛め、全国優勝した3年生の夏はほとんど登板できずに終わった。

「2番手で予定していた宮崎(充登/元広島)が大会前に故障したのもあったんですけど、投げるだけなら、他にもおったんですよ。その子らを投げさせていれば……」

 その高塚以来、2年生投手として17年ぶりに4試合連続完投で決勝に進出したのが済美高校の安樂智大だった。初戦(2回戦)の広陵戦で延長13回、232球を投げ切ると、3回戦の済々黌戦は159球、準々決勝の県岐阜商戦138球、準決勝の高知戦134球と決勝までに663球を投じてきた。準決勝の試合後、「ここまで来たら優勝してみたい。ワクワクしています」と疲れを感じさせないコメントを残していたが、体は正直だった。決勝前夜の宿舎で安樂は、ぽつりとこう語った。

 

結果、2年生時の春の選抜大会において3連投を含む5試合で通算772球の球数を投げることになるが、、、これは理解を超えている。

 

プロ入りし計4勝

安樂智大はプロ野球選手になり現役で、3年目の今年は1軍で1勝している。

甲子園では最速となる152km/hを投げるが、プロ初登板の試合では最速146km/hを記録したようだ。

安樂智大 通算投手成績


 
所属球団
 

 

 





 

 





 

 


 
 



 

 

 

 



 




2015 東北楽天 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1.000 24 6   2 0 5 0 4 0 0 0 0 0.00
2016 東北楽天 15 3 5 0 0 0 0 0 0 .375 349 84 .1 79 9 22 4 64 2 1 33 32 3.42
2017 東北楽天 10 1 5 0 0 0 0 0 0 .167 221 51   59 7 18 4 37 4 0 27 23 4.06
  通 算 26 5 10 0 0 0 0 0 0 .333 594 141 .1 140 16 45 8 105 6 1 60 55 3.50

個人年度別成績 【安樂智大 (東北楽天ゴールデンイーグルス)】 | NPB.jp 日本野球機構

 

「正気の沙汰ではない球数」

国内外で投げすぎ、あるいは登板過多であるとの議論を呼び、2試合で計391球の時点でアメリカのメディアは「正気の沙汰ではない球数」と報じている。

有難いと思う。スポーツ先進国アメリカ。ベースボールの国アメリカ。科学的トレーニング最先端の国アメリカ。セイバーメトリクスの国アメリカ。

アメリカを連呼したくなるくらい、頼もしく思う。

2013年選抜大会、安樂は決勝六回途中に力尽きマウンドを降りている。大会後にアメリカの野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の電子版が、「酷使の度合いが、メジャーリーグ投手なら五~六週間分に相当する球数」と報じた。

 

日本人が精神論で挑んだ国アメリカ

これが戦前日本人が精神論で挑んだ敵国アメリカである。合理主義者である。勝てるはずがない。

ただ、アメリカスポーツメディアに擁護された安樂自身、3試合目の準々決勝を投げ終えた時点で「投げすぎという印象はない」と反論している。

これは、ひとりの武士。

自分などが、とやかく口を挟むべきではないのか、とも思う。ただ、安樂智大を応援してゆきたい気持ちは変わらない。

 

日本のマスメディアの仕事とは?

ただ、連投や球数の件も、本来ならアメリカスポーツメディアの仕事ではなく、日本のスポーツメディアがやるべきことと言える。

 

が、彼らが喧伝するのは「痛みに耐えてよくがんばった!感動した!」である。

 

少なくとも、日本における日本の高校生がひたむきに打ち込む競技であるはずで、大人の理屈であれやこれやしていいはずがない。

甲子園が檜舞台とか、そんな御題目で選手に無理を強いるのもおかしな話。また、その事自体をスポーツメディアお得意のお涙頂戴とばかりにドラマチックに演出することにより本質から眼を逸らさせる作業をし、またもやメディア自体がマッチポンプをしてまで、感動学生スポーツ大好き層に訴求し誤魔化そうと常にしている。

 

未だに、日本の学生スポーツはお花畑精神論の中で存在している。

 

そして、また、無理をし怪我をすれば「自己責任!」なのだろう。

 

これも時代なのかもしれないが...