振り向けばヨコハマ 三番館

振り返れば奴がいる。 ビックレッドマシンも燃やし尽くす蒼き星。-横浜DeNAべイスターズを応援しています-

“ハマのエース”今永昇太、2軍へ降格 ~再調整ののち完璧な状態で戻ってきてくれると信じる

f:id:ktake0606:20180503100320j:plain

引用:DeNA・今永またも序盤に打ち込まれ2軍降格危機 ラミレス監督「投手コーチとも話して、また考えたい」|BIGLOBEニュース

“ハマのエース”今永昇太、2軍へ降格

www.sanspo.com

(セ・リーグ、阪神-DeNA=雨天中止、2日、甲子園)1日に敗戦投手となったDeNAの今永が首脳陣と面談し、2軍で再調整することが決まった。開幕から2戦2敗、防御率9・00と打ち込まれており、ラミレス監督は「われわれの知っている今永とは違った。長いシーズンを考え、状態を整えてほしい」と説明した。

 昨季チーム最多の11勝を挙げた今永は、今季の出遅れを招いた左肩痛の影響は否定しており「逃げずに立ち向かい、乗り越えていきたい」と再起を誓った。

今永、2軍で再調整へ ラミレス監督「知ってる今永とは違った」

5月1日 阪神対DeNA 阪神甲子園球場   

ktake0606.hateblo.jp

youtu.be

 脳陣と面談し、納得しての2軍降格ではないだろうか。

 開幕に出遅れ復帰するも2戦2敗、防御率9.00は厳しい。

 ラミレス監督のみならず、ファンも同様に「われわれの知っている今永とは違った。長いシーズンを考え、状態を整えてほしい」では無いのか。

 主力投手の今永、ウィーランドが復帰も、ともに本調子とは言えない。6日の巨人戦に、こちらも出遅れていた濱口が復帰するが、どうか。

 しかし、エース今永の不調は痛い。計算できるはずのピースが現状どうにもならないのは計算外だろう。

 試合映像を見ても分かると思う。変化球以前に速球が良くない。簡単に捉えられている。

 昨年までの今永の速球は、“来ると分かっていても空振りしてしまう”ほどと評価されていたが、その面影は無い。

完璧な状態で戻ってきてくれると信じる


”ハマの左腕エース” DeNA今永昇太 2017年を振り返るピッチング集

 ただ、今永は意識も高く、頭の良い選手なので、現状の結果が伴わないことが何に由来しているのか、しっかり理解できているのではないかと思う。

 今永が言う

“今季の出遅れを招いた左肩痛の影響は否定しており「逃げずに立ち向かい、乗り越えていきたい」” が、真実なら問題ないように思う。心配はしていない。
 

 調子の良さとは、頭と身体の状態が良く、その状態と結果が限りなく一致すること。 

 恐らく絶好調とは、それらのことと一致した結果が最上級の結果として現れた状態と言えるのではないか。ゾーンという言い方もできるかもしれない。 

“調子の良さとは、頭と身体の状態が良く、その状態と結果が限りなく一致する”こと。

 つまり、結果オーライでは無く、自身の調子の良さをしっかり認識し、その状態の良さを結果に反映させること。

 今永昇太に関して言うなら、“頭と身体の状態”と“結果”を一致させる事が上手くできる選手と個人的に見ており、現状の大炎上も本人は納得しているのではないだろうかと思う。

 中途半端に1軍で投げるより、1度2軍に降格した方が良い結果になるように思うし、今永なら、監督が言うように「完璧な状態で戻ってきて」くれると信じる。

DeNA今永、無期限2軍 ラミ監督「完璧な状態で戻ってきて」― スポニチ Sponichi Annex 野球

「我々が知っている今永ではない」/ラミレス監督 - 監督談話 : 日刊スポーツ


今永・石田・濱口・康晃の投手陣4人が焼肉食べながらワイワイガヤガヤ