Ⅹ英伊独日ユ 皇道派M Jリーグ百年構想 電通 官僚さん 理系通信 IT/AI 日本の国技Football全力応援 東京以外の森羅万象すべて応援

jリーグ百年構想!×電通×欧州サッカー×F1 日英同盟 ヨーロピアンデジタルDAZN:新公武合体 M媒体 ガイアの法則より 1995年からスタート 英独日

なぜ孤立無援になるのか... |ステルスマーケティング、イメージ戦略が理由となり、国内のヒトモノコトの信用度は著しく低い

なぜ孤立無援になるのか...

同性、異性共に信用しづらいところがある

 単刀直入に、同性からはマウントをとられやすいし、異性はハニトラ。同性、異性共に信用しづらいところがあるのだろう。

 マウントに関しては、幼少期からあった。

 “イメージ戦略” “ステルスマーケティング”みたいなものは、幼少期からあったように想うし、真っ先に、想いだされたものは、トラ下げ。

 ミズノ下げ。

 

寅年が影響したか、トラ下げミズノ下げが続いた...

 トラに関して、自分は寅年生まれというのが理由になってそうだが、分からないのが、同学年の友人からトラ下げをされることがよく分からないし、ミズノに関しては、キャッチボールのため、買い与えられた、グラブがミズノものだったが、面白くなかったのか、何かにつけ、ミズノがやり玉に。

 以降、トラとミズノが苦手になってしまう。

 モノの上げ下げや、イメージ戦略というものを、初めて身近で感じられたできごとということなるのだろう。

 

上げ下げ、ステルスマーケティング

イメージが損なわれるのはマズい “イメージ戦略”

 自分のこともそうなのだけれども、どちらかと言うと、モノづくりに携わるものとしては、上げ下げに利用され、イメージを損なわれるというのは良くないことだし、事実、あらゆる分野で、“トラ”や“ミズノ”を苦手にしてしまった。

 ほかにも、あらゆる分野での上げ下げや、ステルスマーケティング、イメージ戦略に巻き込まれていたとイメージできるし、長年にわたって行われてしまったがため、日本のヒトモノコトすべて、苦手になってしまった。という事になるのだろう。

 結果として、まわりから誰も居なくなってしまう。決して、遠ざけようとしていたわけでなく、自然と日本のヒトモノコトすべて苦手になってしまい、誰も居なくなったという事になるのでしょうか。

 

ステマ症候群 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS

ステマ症候群 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS