Ⅹ英伊独日ユ 皇道派M Jリーグ百年構想 電通 官僚さん 理系通信 IT/AI 日本の国技Football全力応援 東京以外の森羅万象すべて応援

jリーグ百年構想!×電通×欧州サッカー×F1 日英同盟 ヨーロピアンデジタルDAZN:新公武合体 M媒体 ガイアの法則より 1995年からスタート 英独日

熊は森山にいる 真っ直ぐ上目指す 森林木村竹青△A.... 「東経139度38分線上」 横須賀にある三笠公園から北へ向かう

熊は森山にいる

真っ直ぐ上目指す 森林木村竹....

 横須賀にある三笠公園から、真っすぐ真上(139度38分線上)にむかわせると、みなとみらい、神奈川県庁、川崎、中目黒(北緯35度線cross)、渋谷、明治神宮、新宿(都庁)、埼玉県庁を通過しており、真っすぐ上目指すものを志向したほうが良さそう。

 

f:id:ktake0606:20200519173804j:plain

現状維持は衰退 横では駄目 北を目指す

 三笠公園から、真っすぐ線を引くように上を目指すと、途中、みなとみらい、神奈川県庁、川崎では、ラゾーナ川崎周辺を通過する。

 こちらに、面白いものがあり、ルーファー広場というイベントなどが行われるところにある、舞台になる。下記画像からも、確認できるように、三角形の屋根が見て取れる。クリアな三角形の屋根になっており、どうやら、139線上をまっすぐ北にむかっている様子。

 途中、中目黒、渋谷、明治神宮などを通過し、新宿を通過する。 新宿にも同様に面白いものが散見される。

 

新宿ルミネエスト前 ピラミッド状構造物

 新宿駅周辺を歩いてまわると確認できるのですが、ピラミッド状の構造物が多くみられ、こちらも、以前から気にしていたようです。

 新宿ルミネエスト前にも、ルーブル美術館で見られるような、構造物があり、どうも、線を引いていくとこちらと結べると考えられるようです。

 

f:id:ktake0606:20200516130417j:plain

松本清張全集 56 東経139度線―短編5

松本清張全集 56 東経139度線―短編5

  • 作者:松本 清張
  • 発売日: 1984/01/25
  • メディア: 単行本

TY01~TY21東急東横線

「横浜みなとみらい21」 東経139度38分線上

 少し、わき道にそれてしまうのですが、「東経139度38分」のところに、川崎-渋谷-明治神宮-新宿-湘南ライン完成されることになるですが、地元神奈川県横浜市にある、みなとみらい地区を調べてみたところ、こちらも、東経139度38分のところにあるようなので、lineに加わることになりました。

横浜みなとみらい21 

f:id:ktake0606:20200516140941j:plain

横浜みなとみらい21(よこはまみなとみらい21、Minato Mirai 21)は神奈川県横浜市の西区と中区にまたがり、横浜港に面している地域である。

また、1980年代から現在にかけて整備が進められている計画都市でもある。略称は、「みなとみらい21」、「みなとみらい」、「MM21」など。都市景観100選受賞地区。

当地区全域は、横浜市における都心(ツインコア)の一つである横浜都心に指定されている。

横浜みなとみらい21 - Wikipedia

東経139度線 × 35度38分線“中目黒 目黒川”

  北緯35度38分線、東経139度線の交わるところに東急東横線中目黒駅があるようです。

 目黒川が山手通りと並行するように流れており、季節には花見客でにぎわうようです。

 東急東横線高架を上に見るように、山手通りがcrossしている。道なりに、しばらく行くと、交通量の多い通り。目黒通りになっております。また、右前にうっそうとした緑。こちらが大鳥神社になるようです。

目黒川の桜 

f:id:ktake0606:20200508155644j:plain

山手通り目黒川crossして目黒通り「大鳥神社」

 北緯35度線を東西にまっすぐ伸ばすと、西は自衛隊中央病院。

 さらに伸ばしていくとサンリオピューロランド。

 北緯35度38分線上近辺には、気になる施設が配置されていることが分かってきた。

 東京西部からサンリオピューロランド、自衛隊中央病院、139度線と交わる中目黒駅。さらに東に真っすぐ伸ばしていくと、東京ディズニーランド、千葉ロッテマリーンズの本拠地ZOZOマリンスタジアム、さらに東に伸ばすと九十九里浜を通過して太平洋に抜けるようです。

 

f:id:ktake0606:20201223153323p:plain

氷山の一角

「imageする力」 見えないところに見る力を養う

 たとえば氷山の一角という言い方がある。どういうことかというと、海洋にうかぶ、氷山というものは、見えるところよりも、見えないとこ、海面下の方が大きくなっており、海面上にあるものを"氷山の一角”などといった言い方をして、物事の一部分を知り、全て知ったようになるのは危険で、そうでなく、海面下にある、見えないところをイメージする事も必要になる。

 それを指して、見えている部分は“氷山の一角に過ぎない、といった言い方もする。

 心の内というものは見えないから、相手のものというより、自分に問いかけることを続ける。対話。実際に言葉として発するのでなく、頭の中にイメージする。リトル○○に問いかけてみる。どうなんだリトル○○?

 とそのような対話を繰り返すこと、イメージする力のためになる。また、たとえば、この間見た映画のあのシーンはどのような心理から、表現されるものだろうか...とか、先日、あった友人はどのようなつもりで、そのようなことを言っているだろうか、と対話を続けることもイメージする力を養うには、良いのだろうと考えらえる。

 そのようにして、記憶の宇宙「時間×空間」で向かい合った"i”と対話を続け、より良いimageがなされるようにする。

記憶の宇宙「時間×空間」で育む"i”を保守「愛国心」

 時間と空間の交わるところに自分がおり、つど属した空間から心が育まれる。交わるところで見聞きしたものから、なにかを感じたり、また、表現してみたり。イメージされるものと、表現、創造物として現れるものはつねに一致しており、それを国体といっても差し支えない。

 なるだけ、ひとりの時間というものを確保し向き合う。"i”と対話を続けていく。繰り返し対話を続けていく。育んだ"i”をまっさらなところに、表現、創造していく。

「家=時間×空間」で育む"i”を保守「愛国心」 

f:id:ktake0606:20200515154927p:plain

「 AI 」仮想 19 | 29 現実

「imageは物質化」より良い“i”を見えるよう一致

 下の画像は、イメージされるものを、まっさらなところに投影、表現、創造物としてあらわすこと、イメージと表現されるものは必ず一致していることをイメージ画としてあらわしている。

 家というものも、時間と空間の交わるところにあって、日々の繰り返しという習慣から心は育まれる。

 家族と過ごした時間から、心は育まれる。より良いものほど、保守したいと思う心は自然なら、それを愛国心という言い方をしても、やはり、問題は無いし、Aというものに"i”を見ることを国体、また、それを保守したい思う心を愛国心という言い方をしても、何ら問題は無い。

 "AI” "19” アルファベット順”S”

育み続けたiを、見えるかたちに一致「国体」 

f:id:ktake0606:20200515215952p:plain

本音"i” imageされるiをストレート表現「ロック」

 今あるもの、誰かの心がかたちになってあらわれてそこに有る。

 つど属した空間で見聞きしたものから、イメージされたりもする。対象になるものから受けた印象により、イメージし表現する。

 imageと表現されるものは、つねに一致しており、ストレートに本音として出たものは、“i”そのものになる。育み続けた"i”から表現されたものは“i”そのもの。 

 ロックはひとまず置いておくとしても、イメージされるものを投影、表現、創造物としてあらわす事。内外は一致している。

 説明できない事は、出来ないという事になる。imageされない事は、行動にも起こすことも出来なければ、表現としても表すことも出来ない。

 ないものはない。

習慣から心を見る事により、自然と一致を見る

 本音をストレートに表現する事、

 たとえば、自ら表現するものというものは、imageされたものを見えるかたちに一致させる事。また、相手になるものも“i”をイメージし、なるだけ近い“i”を意識し、見えるかたちに"i”に一致させる。

 たとえば、それを本音なのかというと、違うのかもしれない。ただ、ドストレートに“i”を表現してみたところで、相手になるものからするとそうでもない場合もある。

 相手になるものの"i”をイメージ出来なかった事になるから、なるだけ、相手になるものの“i”をイメージできるように、コミュニケーション怠らない事により自然と一致が容易になる。

 

世界の建築家 解剖図鑑

世界の建築家 解剖図鑑