Ⅹ英伊独日ユ 皇道派M Jリーグ百年構想 電通 官僚さん 理系通信 IT/AI 日本の国技Football全力応援 東京以外の森羅万象すべて応援

jリーグ百年構想!×電通×欧州サッカー×F1 日英同盟 ヨーロピアンデジタルDAZN:新公武合体 M媒体 ガイアの法則より 1995年からスタート 英独日

神:9画 アルファベット順 “i” 国際信号旗 インディア (India) 本船は左に針路変更中。 S19 IT×AI 92 / 19 神奈川973計19

神:9画

十 10:神鏡  A / A “i”

  あまり、色について考えたことはありませんでした。

 最近、神経質になっており、数字や形に関してもそうなのですが、恐怖症になってしまっているようです。たしかに、意思表示としての機能を持っているので、工夫しながら使用していきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。

 幼なじみや友人に色盲の子がおり、身近で彼らを見ていたところ、どうも、一般の人が見えている色と違うように認識しているようです。写生の授業の際、ついて回ったところ、表現されたものが、自分が見えているもののそれと違い、驚いたものでした。

 

色覚異常(しきかくいじょう)とは、ヒトの色覚が正常色覚ではない事を示す診断名である。「色盲」などとも呼ばれる。2017年9月から日本遺伝学会により「色覚多様性」という呼称が提唱されている[1]。

正常色覚とされる範囲は、眼科学によって定義される。要因が先天性である場合を先天性色覚異常、後天性である場合を後天性色覚異常と分類する。先天性色覚異常を持つ人は、日本においては男性で約5%、女性で約0.2%の割合であるが、フランスや北欧では男性で約10%、女性で約0.5%であり、アフリカ系の人では2-4%程度である[2]。

色覚異常 - Wikipedia

コミュニケーション 計るためのツール

 どうも、見え方が違うようで、見たままを表現することが写生なのだとすると、表現されたまま見えているという事なります。たとえば、動物によっても見え方が違うようで、イヌは色を認識出来ないのだとか。

 すべてモノクロに見えるらしい。また、昆虫によっても色の見え方に違いがあるらしく、生存のためなのでしょう。 

 国際信号機というものも意思表示としての役割があって、機能として必要なものであったのでしょう。国際信号旗というくらいだから、国家間を越えてコミュニケーションを計るためのツールと言えそうです。

国際信号旗 インディア (India) 

f:id:ktake0606:20200215050150p:plain

Iは、ラテン文字(アルファベット)の9番目の文字。小文字は i であるが、トルコ語とアゼルバイジャン語では点のない ı がある。

字形 
大文字は、一本の縦棒である。しかし、それではLの小文字「 l 」や数字の 1 など混同し易いせいもあって、手書き文字(ブロック体)であっても通常はセリフを上下に付けて区別する。

この場合、数字の 1 は飾りを上だけにする、数字の 7 は鉤を付ける、小文字の L は筆記体で ℓ と書く、というように区別する。

歴史 
ギリシャ文字のΙ(イオタ)に由来し、キリル文字のІ、Јと同系の文字である。IとJの2形があったが、Iが母音を、Jが半母音を、区別して表すようになった。両者が区別して使われるようになったのは15世紀以降である。

I - Wikipedia

0鏡見るよう“現実 IT 92019 AI 仮想“心”

 今あるもの全て、誰かの心がかたちとしてあらわれているのだとして、歴史の積み重ねの中で、淘汰を繰り返しながら、そこに有るのだろうと考えられる事から、何か意味があって、なにか価値があって存在しているだろうか。

 それを、一時の考えで、なくしてしまう事。たとえば権力闘争などに利用して、なくしてしまうならば、やはり、国体破壊に違いない。

 

神鏡(しんきょう)とは、神聖な鏡という意味の一般名詞である。神霊のご神体として神社の本殿に祀られている鏡もあれば、または拝殿の神前に置かれている鏡もある。三種の神器の一つである八咫の鏡も、神鏡の一つである。

神鏡の意義に関しては、一般的には太陽を鏡で指していると言われる。これは、鏡で日の光を反射した際、それを正面から見ると太陽のように輝いて見える為であり、日本神道では太陽神である天照大神(アマテラスオオカミ)を最上の神として崇め祀るので、太陽を象徴する鏡で以て御神体とし、神社に祀るとされている。

『日本書紀』においては、天照大神は孫である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に、「これらの鏡を私の御魂として、拝するように常に奉りなさい」と記述されている。

神鏡 - Wikipedia

「時間×空間」から育まれる “i” 投影 創造

 つど属した空間に現れる“i”を破壊。国体破壊。

 習慣から育まれたiを投影、表現創造物としてあらわす事。

 双方一致を見るだろうから、 表現された、文言というもの、文章というものは、imageされたものと一致している。

「時間×空間」から育まれる“i” 

f:id:ktake0606:20200424145838p:plain

本当の音色 真の音色rock

“本音”imageされたことをstraight表現

 本音をstraightに表現する事。

 imageされたことを投影、表現、創造物としてあらわす事。あらわれたものとimageされたものは一致しており、本音をrockとするならば、心そのものが表現には、あらわれており、表現と本音は一致している。

 “対”

 良し悪しに関わらず、表現されたものが本音だとするならば、全て、当人そのもの“i”があらわれているはず。

 “i”をもって接することがないならば、成立する事はない。一致を見ない。

“i” straightにimageを表す事 iで接する

 imageと表現されたもの、創造物としてあらわれたもの、双方は一致を見る。また、自身の持ち合わせたもの。imageされるものから、あらゆるものごとを判断する際に、評価の基準となるものは、imageされるものに他ならない。

 imageされるものの良し悪しというものも問われる事になるし、判断する際にも影響を与えるだろうから、なるだけ、良いimageが出来るようなものごとを好むことも必要になる。

 見聞きするものとimageされるものは一致を見るだろうから、なるだけ、多くの物事を好む必要が有るし、なるだけ、現状よりも良いと思われるものを好むことも必要になる。

 

① 本当の音色。真の音色。
② 口に出して言うことがはばかられる本心。また、本心から言うことば。本当の気持を言うことば。
※巡査(1902)〈国木田独歩〉「到々(たうたう)本音(ホンネ)が出ましたね」

本音(ホンネ)とは - コトバンク

ITロードマップ 2020年版

ITロードマップ 2020年版